Growth of the grapes and dreams

やっと葡萄が植えれる時期になりました。

 

まだ、雪が残るころに届いてずっと土の中で仮植えしていた葡萄たちが芽を拭き

 

はじめました^^   

 

昨日はとてもよいお天気でお客様もマッタリ過ごされていましたが今日は寒いし風

 

は強いし。。。なかなかしっくりと春はやってきませんね。

 

一昨日に今年初の葡萄の植え付けを始めました。

 

 

「Moment should be commemorated」

 

 

こちらは摘み取り用のキャンベルです。

 

ここで生るととってもフルーティーで毎日食べれるほど美味しいんです^^

 

親の欲目かな^^

 

 

 

一本目終了
一本目終了

「一本目」

 

 

 

「60本目」?

 

植えたのはボランティアの男性お二人です。

 

申し訳ありません。。。。。われらは今はお店が忙しく奥にはいけないのですが

 

遠くから見ながら感謝の気持ちでいっぱいです。

 

昨年のお店の整理から葡萄棚つくりと石灰硫黄剤塗布も毎日お手伝いしていた

 

だいて。。。。

 

今も毎日出勤のごとくお手伝いに来てくれます。ありがたい。

 

世の中には無償でこんなに真剣にしてくれる人がこんなにいるんだと。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「わくわく!」

 

まぁるい芽が少しずつ動いてきています。

 

わぁお~♪

 

感動です。

 

かわいい♪

 

ちゃんと春を感じて。。。

 

私とみんなの夢を大きくそだって^^

 

 

 

「ラグラス」

 

誰もが知っている猫じゃらしみたいな可愛いイネ科の寄植えプランツ。

 

でも雨にぬれて

 

「水と光と植物の宝石」

 

ラグラスのホワホワ、フワフワ、ポワポワのせいで水分もはじけて。

 

どうしてこんなに可愛いのでしょう^^

 

前に富良野に行った時にこのラグラスでウサギを作っていたのを思い出します。

 

 

 

 

 

「カラーの涙」

 

水分をたくさん吸ってまた自分で雫になって。。。

 

シャープな葉に透明な雫が合っています^^

 

と。。。。「オーナー夕陽すごいですよ~」ってスタッフに声をかけられたので見にい

 

いったら。。。息をのむほど幻想的な光景で慌ててカメラを取りにいって戻った時にはすでに 遅し。。。。涙(: ;)

 

それならずっと見ていればよかった。。。。。

 

でも少しだけ。。。微かに残っていたので

「夕陽の魔法」

 

これは「あーあ」といっていたときの光景。

 

この前はどれほどだったか想像できますか?奇跡的で幻想的な光景をそれぞれが

 

それぞれに心に描いてみてくださいね^^

 

 

 

毎日、バラのファンのお客様に謝る日々は続いています。

 

今までたくさんのバラ好きの方に支えられてきたのに、本当にごめんなさい。

 

たくさんメールを頂いて「いつでも、何年でも待ちますのでバラといえば。。。北條さん。

 

それは揺ぎ無いものですから」って何人のかたにもいわれて心苦しくて涙がでます。

 

関東のお客様も「ほかでは買わないので何年でも待ってますね」って。。。

 

本当に申し訳ありません。

 

 

しく。。。しく。。。。涙

 

 

 

As will be great day tomrrow for every one!    

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    here comes the sun (土曜日, 12 5月 2012 19:49)

    葡萄を植えるところを初めて拝見いたしました。地道な作業の積み重ね。きっと実るのでしょうね。
    写真もいつものことながら本当に素敵です。雫がキラキラ。
    でも最後の写真のブルー凄い綺麗ですね。夕陽が面白いアートになってますね
    このような景色見てみたいと感じます

  • #2

    choco-true (日曜日, 13 5月 2012 10:19)

    here comes the sunさん
    いつもコメントありがとうございます。
    葡萄は植えた年ですべてが決まるといわれているので今年の管理が最重要ポイントです。

    ここの夕陽は本当にすばらしいんです。
    こちらにこられる機会があれば夕方覗いてみてくださいね。

お問い合わせ